コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピジオン輝石 ピジオンきせきpigeonite

1件 の用語解説(ピジオン輝石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピジオン輝石
ピジオンきせき
pigeonite

単斜輝石の一種。 (Mg,Fe2+,Ca)(Mg,Fe2+)SiO6 。 Ca/(Mg+Fe+Ca)=0.05~0.15 の範囲のもの。比重 3.30~3.46,硬度6。鉄/マグネシウム比が 0.5より大のものは鉄ピジオン輝石という。玄武岩,安山岩などの石基中に産するほか,粗粒玄武岩や隕石中にも産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピジオン輝石の関連キーワード陽起石エジリンオージャイト磁鉄鉱高師小僧硫酸鉄青写真配位子フェロセン緑レン(簾)石

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone