単斜輝石(読み)タンシャキセキ

世界大百科事典 第2版の解説

たんしゃきせき【単斜輝石 clinopyroxene】

単斜晶系に属する輝石の総称で,もっとも普遍的な造岩鉱物の一つ。大部分のものの化学組成透輝石CaMgSi2O6―ヘデン輝石CaFeSi2O6―単斜エンスタタイトMgSiO3―フェロシライトFeSiO3の4成分系で表すことができ,透輝石オージャイトピジョン輝石エジリンヒスイ輝石オンファス輝石など化学組成により数種類に分類されている。このほか,オージャイト―フェロシライト系列の輝石でTiO2を多く(>2~3重量%)含むものをチタンオージャイトと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の単斜輝石の言及

【輝石】より

…そのようなSiO4よりなる鎖と鎖の間にMg2+,Fe2+,Ca2+その他の陽イオンが入って鎖を互いに結びつけている。輝石には斜方晶系に属する斜方輝石と単斜晶系に属する単斜輝石とがある。
[斜方輝石]
 MgSiO3(エンスタタイト)成分とFeSiO3(フェロシライトferrosilite。…

※「単斜輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android