輝石(読み)きせき(英語表記)pyroxene

翻訳|pyroxene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝石
きせき
pyroxene

単斜晶系または斜方晶系に属する柱状結晶をなす重要な造岩鉱物の一つ。 W1-P(X,Y)1+PZ2O6 ,ただし p=0~1 ,W=カルシウム,ナトリウム,X=マグネシウム,鉄(II),マンガン,ニッケル,リチウム,Y=アルミニウム,鉄(III),Z=ケイ素,アルミニウムの一般式で表わされる。硬度5~6.5,比重 3.1~3.9。塩基性岩ないし超塩基性火成岩に多く,中性岩にも含まれる。形成時の化学的,物理的条件によって,次のような種類がある。 (1) マグネシウム,鉄(II),カルシウムを特徴とするもので紫蘇輝石普通輝石など。 (2) ナトリウム,鉄(III)を特徴とするもので,エジリン輝石など。 (3) ナトリウム,アルミニウムを特徴とするもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

輝石【きせき】

最も普通にみられる造岩鉱物。化学組成がR′SiO3で表されるケイ酸塩鉱物で,結晶構造はチェーン型。Rのところにはいる元素(括弧内に示した)により種類が異なる。斜方晶系に属する頑火(がんか)輝石(Mg),シソ輝石(Fe,Mg),単斜晶系の透輝石(Mg,Ca),灰鉄輝石(Fe,Ca),普通輝石(Mg,Fe,Al,Na,Ca),硬玉,三斜晶系のケイ灰石,バラ輝石(Mn)などがあり,各種輝石の固溶体として産することが多い。共通の特徴として,結晶は多くは四角または八角の短柱状を示し,柱の方向に沿って互いの間の角が87°〜88°をなす二つの著しいへき開面を有する。双晶をなすものが多い。色は緑,黒,白,黄,褐色など。硬度5〜6.5,比重3.2〜3.6。ガラス光沢,樹脂光沢,真珠光沢,金属光沢。苦鉄質の火成岩,石灰岩の接触変成帯,結晶片岩などに含まれ,ときにマンガンの熱水鉱脈や隕石(いんせき)中から産出。
→関連項目輝岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きせき【輝石 pyroxene】

ケイ酸塩鉱物の一種で,地殻の主要な岩石である火成岩や変成岩,マントル上部の岩石,および月の岩石や隕石などにごくふつうに含まれる造岩鉱物である。輝石はケイ素原子1個を酸素原子4個が囲む四面体SiO4が,2個の酸素原子を互いに共有しながら一次元的に無限に連なった構造を有する。そのようなSiO4よりなる鎖と鎖の間にMg2+,Fe2+,Ca2+その他の陽イオンが入ってを互いに結びつけている。輝石には斜方晶系に属する斜方輝石と単斜晶系に属する単斜輝石とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きせき【輝石】

鉄・マグネシウム・カルシウムなどのケイ酸塩鉱物。斜方晶系と単斜晶系とがある。火成岩・変成岩を構成する主要鉱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝石
きせき
pyroxene

重要な造岩鉱物の一群で、現在まで23種類知られている。日本で産するのは、頑火(がんか)輝石、鉄珪(けい)輝石、単斜頑火輝石、加納輝石、ピジョン輝石、ドンピーコー輝石、透輝石、灰鉄輝石、ヨハンセン輝石、ひすい輝石、コスモクロア輝石、エジリン輝石、エジリン普通輝石、普通輝石、オンファス輝石、リチア輝石である。頑火輝石、鉄珪輝石、ドンピーコー輝石が斜方晶系に属し、以上を斜方輝石と総称する。そのほかはすべて単斜晶系に属し、単斜輝石と総称される。
 輝石の劈開(へきかい)は、二方向に完全で、これらのなす角がほぼ直角のため、よく外観の似た角閃(かくせん)石と区別ができる。結晶構造の基本は、ケイ素イオンを中心にもつ4個の酸素原子がつくる四面体が、二つの頂点を共有しあって無限に伸びた単鎖で特徴づけられる。輝石の化学組成は変化に富み、また産状も多い。中性ないし塩基性の火成岩、超塩基性岩中、また接触変成岩や広域変成岩中、花崗(かこう)岩ペグマタイト、隕石(いんせき)中にも産する。輝石はしばしば分解して、角閃石、緑泥石、雲母(うんも)、蛇紋石鉱物などに変化している。輝石のうち、ひすい輝石の緻密(ちみつ)な塊、淡紅あるいは緑色透明なリチア輝石の結晶は宝石用に、またリチア輝石そのものはリチウムの原料として採掘の対象となっている。昔、輝石は火成岩中には場違いなものと誤って信じられていたところから、英名はギリシア語の「火」と「他人」をあわせて名づけられた。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輝石の関連情報