コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピネ Antoine Pinay

世界大百科事典 第2版の解説

ピネ【Antoine Pinay】

1891‐1994
フランスの政治家。第四共和政下に公共事業相(1950‐52),外相(1955‐56)を務め,とくに1952年3~12月には首相としてインフレーションの鎮静化に努力した。58年ド・ゴール政権成立にともない蔵相として入閣,〈ピネ=リュエフ計画〉の名で呼ばれる新経済政策により経済改革を推進したが,60年1月,ド・ゴール大統領との政策上の不一致から閣僚を辞任し野に下った。【加藤 晴康】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピネの関連キーワードグリコーゲンシンターゼキナーゼアドレナリン作動性効果遮断薬エリオットの法則(生理学)アドレナリン作動性シナプスそのまま枝豆アイスクリームアドレナリン作動性神経ピネン(データノート)クロムアルミナピンクアドレナリン作動性のスピネル顔料の組成イソプロテレノール山口県萩市福井下副腎髄質ホルモンプロプラノロールパラガングリオンカテコールアミンノルアドレナリンスピネル型構造交感神経興奮剤アリエージュ岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android