コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新経済政策 しんけいざいせいさくNovaya Ekonomicheskaya Politika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新経済政策
しんけいざいせいさく
Novaya Ekonomicheskaya Politika

略してネップ NEPとも呼ばれる。 1917年の十月革命後の干渉戦争と国内戦の直後の時期に国民経済安定のためにソ連で実施された経済政策の体系。 21年3月のロシア共産党第 10回大会で採択され,26年の社会主義工業化の開始の時点まで続いた。国内戦が終結し旧体制復活の脅威が遠のくと,クロンシタットの反乱にみられるように,戦時共産主義への農民の不満が高まった。戦前水準の半分の食糧生産や数分の1に落込んだ工業生産を復興させる課題も切迫していた。そこで,食糧徴発制が食糧現物課税制に改められ,剰余食糧の自由販売,小企業や国内商業の私的経営が認められ,全般に商品・貨幣経済が再導入された。 L.トロツキーらは資本主義への退却であるとしてそれに反対したが,プロレタリア国家が経済のいわゆる管制高地 (重要生産手段の国有化) を把握しているため,社会主義的要素と資本主義的要素を競争させながら後者を克服できるという理論づけが行われた。市場メカニズムが広範に利用され,26年にはソ連の国民経済は,ほぼ戦前の水準にまで回復した。しかし,さらに大幅な工業発展のためには穀物の集中的管理・統制が必要になり,市場メカニズムは不都合となってきた。 28年以後の「非常措置」 (行政的圧力による穀物調達) は転換への一歩であり,29年の第1次五ヵ年計画の採択と全面的農業集団化はネップの根本的転換となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

新経済政策

一般に「ブミプトラ(土地の子)」政策(Bumiputera Policy)と呼ばれる。1960年代半ばになると、マレー人中間層を中心に、マレー人社会の貧困問題に対する政府の取り組みへの不満が強まった。69年の総選挙後、クアラルンプールで発生した暴動事件(華人系野党支持者と統一マレー人国民組織〈UMNO〉のマレー系支持者との間の衝突)をきっかけに、マレー人優遇策を柱にしたNEPが導入され、UMNOは71年から90年までの20年間にわたるマレー人社会の経済的・社会的利益の擁護を約束した。NEPは、エスニック集団を問わない貧困世帯の撲滅、マレーシア社会の再編、を2大目標に掲げる。とりわけ後者は、(1)資産面からみたマレー人の経済的地位の向上(ブミプトラの所有する株式を90年までにマレーシア全体の30%に引き上げる)、(2)近代的産業及び専門職への就業機会の拡大、(3)マレーシア全体のエスニック集団別人口構成比率を産業別及び職種別構成比率に反映させること、(4)マレー人企業・経営者育成、の4つの柱からなる。

(片山裕 神戸大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

新経済政策【しんけいざいせいさく】

ネップ(NEP)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新経済政策
しんけいざいせいさく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

新経済政策の関連キーワードカターエフ(Valentin Petrovich Kataev)社会主義労働者党[ハンガリー]クラーク(ロシアの富裕な農民)アルバート・L. ウィリアムズアメリカ合衆国史(年表)クロンシュタット軍港反乱ソビエト連邦史(年表)ロシア革命史(年表)インフレーション警報ニクソン・ショック所得物価凍結政策プロレタリア文学ニクソンショックインド経済自由化英ソ経済協力協定ネップ(NEP)マレー人優先政策クロンシタット佐々木 孝一郎ソ連承認問題

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新経済政策の関連情報