コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレネーゾリアンタル県 ピレネーゾリアンタルPyrénées-Orientales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレネーゾリアンタル〔県〕
ピレネーゾリアンタル
Pyrénées-Orientales

フランス南部,ラングドックルーシヨン地域 (レジオン) の県。ピレネー山脈東端にあり,地中海にのぞむ。ルーシヨン地方,スペインと分割したセルダーニュ地方,およびラングドック地方の一部から成る。県都ペルピニャン。主産業は肥沃なルーシヨンの平野における輸送園芸農業で,ブドウ,モモ,アプリコットなどの果樹および促成野菜の栽培が行われるほか,西部では牧畜,南部のカニグー山 (2785m) 付近では鉄鉱採掘も行われる。またコートベルメイユと呼ばれる南部の地中海沿岸はバンユールス,リブサルトなど食前酒の産地として知られる。ペルピニャンは周辺の軽工業の中心で,この地方の農産物などの集散地,観光拠点でもある。面積 4116km2。人口 36万 3796 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピレネーゾリアンタル県の関連キーワードJ. ジョフルカスティエ門セルダニャコリウールルシヨンアンドラアラゴ人ジョフルリビア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android