コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンチョウ(浜洲)鉄道 ピンチョウてつどうBinzhou xian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンチョウ(浜洲)鉄道
ピンチョウてつどう
Binzhou xian

中国北東部,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省のハルビン (哈爾浜) 市から,内モンゴル (蒙古) 自治区にあるロシアとの国境の町マンチョウリー (満洲里) 市にいたる鉄道路線。全長 935km。 19世紀末にロシアが敷設した東支鉄道の一部で,日本の支配期には南満州鉄道株式会社が経営にあたった。ソンネン (松嫩) 平原からターシンアンリン (大興安嶺) 山脈を越えて内モンゴル高原の東部にいたっており,沿線には重工業都市のハルビン市,チチハル (斉斉哈爾) 市,石油コンビナートのあるターチン (大慶) 市,林業都市のヤクシ (牙克石) 市,牧畜地域の中心都市であるハイラル (海拉爾) 市,マンチョウリー市などの重要都市がある。ロシア側の国境の町ザバイカリスクにはシベリア鉄道が通じており,ペキン (北京) -モスクワ国際鉄道の一部となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピンチョウ(浜洲)鉄道の関連キーワードターシンアンリン(大興安嶺)山脈マンチョウリー(満洲里)市ジャライノール(扎賚諾爾)チチハル(斉斉哈爾)特別市ニエンツーシャン(碾子山)ハルビン(哈爾浜)特別市内モンゴル(蒙古)自治区ジャラントン(扎蘭屯)市ターチン(大慶)特別市チンハー(京哈)鉄道ハイラル(海拉爾)市チャオトン(肇東)市ヤクシ(牙克石)市アンター(安達)市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android