ファイナンス・リース取引(読み)ふぁいなんす・りーすとりひき

会計用語キーワード辞典の解説

ファイナンス・リース取引

ファイナンス・リース取引とは、途中で契約かいじょできないリース取引のこと。主に建物や機械装置などを対象にして行われます。このリース物件から得た利益は、全て借手のものになりますが、リース物件に付随する費用も借手の負担となります。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android