ファミリーコンピューター

百科事典マイペディアの解説

ファミリーコンピューター

家庭用コンピューター・ゲームの一つ。1983年に任天堂発売した。ファミコンともいう。家庭テレビジョンに手軽に接続し,ゲームが書き込まれたROMカートリッジを自由に差し替えて遊ぶことができ,子供たちの新しい遊びとなっている。上位機種として1990年にスーパーファミコン,1996年にNINTENDO64を発売。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のファミリーコンピューターの言及

【家庭用ゲーム機】より

…しかし,パーソナルコンピューターのハードウェア構成は,汎用大型コンピューターをそのまま縮小したものであり,ゲーム専用に使うには無駄が多い。 そこで1983年に任天堂が発売した家庭用ゲーム機がファミリーコンピューター(通称ファミコン,1998年3月現在累計出荷台数6162万台)である。ファミリーコンピューターのハードウェア構成は,本体には家庭用テレビ受像器への出力装置,入力用の数個のボタンと最小限のRAMとROMしかもたない,ビデオゲームに特化したものである。…

※「ファミリーコンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android