コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィトアレキシン phytoalexin

2件 の用語解説(フィトアレキシンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

フィトアレキシン【phytoalexin】

植物が微生物に感染した際に合成される、抗菌性を持った低分子化合物の総称。化学物質や物理的な傷害に対して合成されることもある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

フィトアレキシン

 寄生菌が植物体に侵入したときに植物細胞が合成する抗菌性物質.すでにもっている物質を活性化する場合もある.多くの化合物が知られている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィトアレキシンの関連キーワード寄生根寄生植物菌癭原形質分離膨圧糖衣果頂部メタロチオネイン緊急防除うどんこ病(ライムギ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone