コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィナンドラナイト finandranite

岩石学辞典の解説

フィナンドラナイト

粗粒のKに富む閃長岩で,マイクロクリン(88%),角閃石(torendrikite)からなり,黒雲母などを伴う[Lacroix : 1923].マダガスカル,アンバト─フィナンドラハナ(Ambato-finandrahana)に因む.この語は鑿(のみ)で彫刻ができるの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android