フィリップ ジュジアーノ(英語表記)Philippe Giusiano

現代外国人名録2012の解説

フィリップ ジュジアーノ
Philippe Giusiano


国籍
フランス

専門
ピアニスト

生年月日
1973

出生地
フランス マルセーユ

学歴
マルセーユ音楽院卒;パリ音楽院卒;モーツァルテウム音楽院;アムステルダム音楽院

経歴
5歳からピアノを始め才能を発揮、12歳でマルセーユ市の金メダルを獲得。パリで5年間研鑽し、ジャック・ルヴィエに師事。1986年13歳でペンミラボー・リスト・ピアノコンクール最年少優勝、’87年ダリウス・ピアノコンクール優勝ののち、’90年17歳でショパン国際ピアノコンクールに最年少で入賞して注目を浴び、’94年ソフィア・アンティポリス財団の常任ソリストに指名される。’95年ショパン国際ピアノコンクールで1位なしの2位をアレクセイ・スルタノフと獲得。以後トップレベルのピアニストとして活躍。エレガントで澄んだ演奏が高く評価される。日本とポーランドは毎年訪れ、2008年にはパリ、東京で開催された日仏修好150周年記念公演「舞鼓」が話題となる。

受賞
ショパン国際ピアノコンクール第2位(第13回)〔1995年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android