コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショパン国際ピアノコンクール しょぱんこくさいぴあのこんくーる

知恵蔵の解説

ショパン国際ピアノコンクール

5年に1度、フレデリック・ショパンの命日である10月17日の前後3週間にわたって開催される、ショパンの曲のみを演奏するピアノコンクール。ショパンの誕生地、ポーランドワルシャワにある、国立フィルハーモニーで開かれる。世界的に優れたレベルの演奏家の発掘と育成を目的としており、エリザベート王妃国際音楽コンクールチャイコフスキー国際コンクールとあわせて世界3大ピアノコンクールと言われる、権威あるコンクールの一つ。
1925年、ワルシャワ音楽協会で活動していたショパン音楽院教授イェジ・ジュラブレフが、開催を申し出たことが始まり。27年にショパンを記念して創始され、現在、2005年の第15回まで開催されている。1937年に第3回が行われたあと、第2次世界大戦のため一時中断されるが、49年に再開。55年(第5回)からは、5年ごとに行われている。
第1回目の優勝者はソ連のオボーリン。他、ポーランドのチェルニー・ステファニスカ(第4回)、イタリアのマウリツィオ・ポリーニ(第6回)、ロシアのスタニスラフ・ブーニン(第11回)などが優勝しており、過去の優勝者のほとんどが、世界的なピアニストとして活躍している。日本人では優勝者はおらず、初の入賞者が田中希代子(第5回・10位)。入賞者は他に中村紘子(第7回・4位)、内田光子(第8回・2位)、横山幸雄(第12回・3位)、佐藤美香(第14回・6位)などがいる。また、第14回で梯剛之がワルシャワ市長賞を受賞している。

(富岡亜紀子 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ショパン国際ピアノコンクール

ショパンの命日である10月17日の前後3週間にわたって、彼の故郷・ワルシャワで開かれる。日本人の主な入賞者は、中村紘子(65年、4位)、内田光子(70年、2位)、小山実稚恵(85年、4位)ら。05年には、関本昌平と山本貴志がともに4位に入賞した。日本人の優勝者はいない。

(2010-10-01 朝日新聞 夕刊 大芸能1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ショパン国際ピアノコンクールの関連キーワードウラディーミル アシュケナージクリスティアン ツィマーマンクリスチャン ツィメルマンジャン・マルク ルイサダイングリット フリッターフィリップ ジュジアーノアレクサンドル コブリンユリアンナ アヴデーエワマウリツィオ ポリーニスタニスラフ ブーニンアダム ハラシェヴィチギャリック オールソンイーヴォ ポゴレリチラファウ ブレハッチマルタ アルゲリッチインゴルフ ヴンダーアンナ マリコヴァショーン ケナードディーナ ヨッフェマルク ラフォレ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショパン国際ピアノコンクールの関連情報