フェアリーリング病(ブルーグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

フェアリーリング病(ブルーグラス)

春から初夏にかけて、多種の芝草に発生する。病斑は初め暗緑色、円形であるが、後に直径1-2mに拡大し、病斑周辺部に幅10-20cmの特徴的なリング を生じる。パッチ内部はあまり枯れ上がらない。夏の終わり、降雨などにより土壌湿度が高まると、感染している菌がきのこを形成することが多い。病原菌とし ては上記の他、ヒメホコリタケ、チビホコリタケなど多数の担子菌が報告されている。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android