フェニル基(読み)フェニルキ

大辞林 第三版の解説

フェニルき【フェニル基】

ベンゼン分子 C6H6 から水素原子一個がとれた構造の原子団。C6H5- と表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェニル基
ふぇにるき
phenyl group

ベンゼンC6H6から水素一個を取り去って誘導される一価の置換基C6H5-をいう。アリール基のもっとも簡単なものである。略号で記す場合はPhまたはを用いる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

フェニル‐き【フェニル基】

〘名〙 (フェニルはphenyl) ベンゼン分子から水素原子一個をとり除いてできる基。化学式は C6H5

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android