コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェン(汾)河 フェンがFen he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェン(汾)河
フェンが
Fen he

フェン水とも呼ばれる。中国中部,シャンシー (山西) 省中部を南西流する川。ホワン (黄) 河の支流。全長 716kmで,省最大の河川である。万里の長城の南方にあるニンウー (寧武) 県のコワンツェン山に源を発する。西のリュイリヤンシャン (呂梁山) 山脈,東のタイユエシャン (太岳山) 山脈などの間を流れる。タイユワン (太原) 市から下流に支流のウェンユイ (文峪) 河などとともに広い盆地を形成する。チエシウ (介休) 県からは峡谷をなすが,リンフェン (臨汾) 市一帯で再び盆地を流れる。ホウマー (侯馬) 市で西に向きを変え,ホーチン (河津) 県でホワン河に流入する。タイユワン盆地,リンフェン盆地は省の穀倉で,小麦と綿花の産地として知られる。流域は地下資源に富み,石炭,鉄などを埋蔵する。ホワントー (黄土) 高原を流れるため,諸支流とともに,大量の黄土を運び,流域の土壌を流失させ,ホワン河の洪水を助長してきた。人民共和国成立後広域にわたって植林,段畑の造成,貯水池の建設などが行われ,土壌の保持がはかられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェン(汾)河の関連キーワードリュイリヤンシャン(呂梁山)山脈タイユエシャン(太岳山)山脈シンチョウ(忻州)地区リンフェン(臨汾)地区シャンシー(山西)省タイハン(太行)山脈フェンヤン(汾陽)県リーシー(離石)県ユイツー(楡次)市リンシー(霊石)県ホワン(黄)河

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android