長城(読み)ちょうじょう

大辞林 第三版の解説

ちょうじょう【長城】

国または領地の境に長距離にわたって設けられた城壁。
万里の長城のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐じょう チャウジャウ【長城】

〘名〙
① 長く連なって築かれた城。特に、万里(ばんり)の長城をいう。中国の北方、河北省の山谷関(さんこくかん)から西方に約二七五〇キロメートルつづく大城壁。秦の始皇帝にいたって完成をみた。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・立地・常楽寺年忌拈香「金地長城以何報、年々香火擁雲斑」 〔史記‐蒙恬伝〕
② 一国の重鎮となる人、また、詩文に優れた人をたとえていう。〔南史‐檀道済伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長城の言及

【河北[省]】より

…北部の山地はモンゴル高原から河北平原に至る漸移地帯をなし,その南西縁が燕山山脈である。万里の長城はこの山脈中にあって,山海関を起点として北西にのび,沿線に開かれた喜峰口,古北口などはモンゴル高原に通ずる要地となっている。北西部の張家口北方にひろがる張北高原はモンゴル高原の一部で,標高1200~1500m。…

【万里の長城】より

…中国で外敵防御のために築かれた長大な城壁。現存の長城は明代,とくにその後半期に築造されたもので,東は渤海湾岸の山海関から,中国本土の北辺を西に向かい,北京と大同の北方を経て,南流する黄河を越え,陝西省の北端を南西に抜けて再び黄河を渡り,いわゆるシルクロードの北側を北西に走って嘉峪関(かよくかん)に至る。地図上の総延長約2700km,あるいはそれ以上といわれ,人類史上最大の建造物とされている。…

※「長城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長城の関連情報