コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォントノア フォントノアFontenoy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォントノア
Fontenoy

ベルギー南西部,エノー州のフランス国境に近い小村。トゥルネーの南東約 10kmに位置する。 1745年5月 11日,オーストリア継承戦争でトゥルネーの重要な要塞を守るモリス・ド・サクス配下のフランス軍と,オーストリア,オランダに支援され攻撃するカンバーランド公オーガスタス配下のイギリス,ハノーバー軍が戦闘を交えた地。フランス軍が勝利を得たが双方 7000余の犠牲者を出した。人口約 600。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォントノアの関連キーワードルートウィヒ(2世)(東フランク国王)シュトラスブルクの盟約ハリントン(伯家)ロタール[1世]カール[2世]ちいさな汽車ベルダン条約ニタルド

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android