コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーサイト・サガ The Forsyte Saga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーサイト・サガ
The Forsyte Saga

イギリスの小説家 J.ゴールズワージーの連作小説。3部作『資産家』 The Man of Property (1906) ,『裁判沙汰』 In Chancery (20) ,『貸家』 To Let (21) に幕間の2短編『フォーサイトの小春日和』 The Indian Summer of a Forsyte (17) ,『目ざめ』 The Awakening (20) を加えて,一括して『フォーサイト・サガ』の題名で 1922年に出版された。さらに3長編,2短編を集成した『現代喜劇』A Modern Comedy (29) が加わって,『フォーサイト年代記』 The Forsyte Chroniclesと総称される大規模な大河小説を形成する。典型的なブルジョア階級の一家を中心に,ビクトリア朝後期から第1次世界大戦前後にいたる時代の社会史を描き上げたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フォーサイト・サガの関連キーワードフォーサイト家の記録

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android