コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォール報告 ふぉーるほうこくFaure Report

1件 の用語解説(フォール報告の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

フォール報告

フォール報告は、エドガー・フォール(元フランス首相)を委員長とするユネスコの教育国際開発委員会が1972年に発表した生涯教育学習社会を提唱した報告(『Learning To Be』、邦訳は『未来の学習』)。国家間の連帯を強調している。ドロール報告は、ジャックドロール(元欧州委員長)を委員長とするユネスコの21世紀教育国際委員会が96年に発表した報告(『Learning : The Treasure Within』、邦訳は『学習:秘められた宝』)。フォール報告を発展させ、「知る(To know)」「為す(To do)」「共生(To live together)」「在る(To be)」という、生涯学習の4つの柱が基調となっている。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone