コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォール報告 ふぉーるほうこく Faure Report

1件 の用語解説(フォール報告の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

フォール報告

フォール報告は、エドガー・フォール(元フランス首相)を委員長とするユネスコの教育国際開発委員会が1972年に発表した生涯教育学習社会を提唱した報告(『Learning To Be』、邦訳は『未来の学習』)。国家間の連帯を強調している。ドロール報告は、ジャックドロール(元欧州委員長)を委員長とするユネスコの21世紀教育国際委員会が96年に発表した報告(『Learning : The Treasure Within』、邦訳は『学習:秘められた宝』)。フォール報告を発展させ、「知る(To know)」「為す(To do)」「共生(To live together)」「在る(To be)」という、生涯学習の4つの柱が基調となっている。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォール報告の関連キーワードアイスフォールフォークセネカフォールズダブルフォールトフォークボールロックフォールニアフォールボーフォール城ランドフォールフォール技

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone