コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーンサーリ Phong Saly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーンサーリ
Phong Saly

ラオス北部の町。ルアンプラバンの北約 200km,メコン川支流ウー川上流部の河谷にある。クメール族,プーノイ族,黒タイ族などが住む山岳地帯の商業中心地で,物資はウー川沿岸の河港アトサから積出される。北方に銅鉱床がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android