コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタマタカビ(二股黴) フタマタカビSyzygites megalocarpus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタマタカビ(二股黴)
フタマタカビ
Syzygites megalocarpus

藻菌類接合菌類ケカビ目ケカビ科。主として軟らかい地上生のキノコの上に生じる。必須的な寄生ではないので,容易に麦芽浸出汁寒天などの上に植えて培養することが可能である。空中に立上がる菌糸はやや太く,長さ4~5cmに及ぶ。初め白色,のちに黄色ないし淡褐色となる。二叉的分岐を繰返し,その先端がふくらんで胞子嚢を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android