コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタマタカビ(二股黴) フタマタカビSyzygites megalocarpus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタマタカビ(二股黴)
フタマタカビ
Syzygites megalocarpus

藻菌類接合菌類ケカビ目ケカビ科。主として軟らかい地上生のキノコの上に生じる。必須的な寄生ではないので,容易に麦芽浸出汁寒天などの上に植えて培養することが可能である。空中に立上がる菌糸はやや太く,長さ4~5cmに及ぶ。初め白色,のちに黄色ないし淡褐色となる。二叉的分岐を繰返し,その先端がふくらんで胞子嚢を形成する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android