コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フハイカビ Pythium

世界大百科事典 第2版の解説

フハイカビ【Pythium】

鞭毛菌亜門卵菌綱ツユカビ目に含まれる1属の菌類。植物に寄生して苗立枯(なえたちがれ)病,綿腐(わたぐされ)病を起こす病原菌。一般に苗や根の部分を腐敗させて,綿のようなコロニーを形成する。遊走子囊(前胞子囊)は球形~レモン形で,あたかも柄の先端にできた1個の分生子のように見える。内容物は多数の遊走子となり膜を破って泳ぎ出したり(P.aphanidermatum (Edson) Fitzp.),分生子をつくるものもある(P.debaryanum Hesse)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフハイカビの言及

【立枯病】より

…これも病原は1種類ではない。トマト,ナス,キャベツ,シクラメンなどの苗立枯病はRhizoctonia solaniが病原であり,タバコ,キュウリ,ナラ,カシではPythium菌,マツではFusarium菌が病原である。機械植えに伴うイネの箱育苗に発生する苗立枯病はFusarium,PythiumをはじめRhizopus,Trichodermaなどが関与する。…

※「フハイカビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フハイカビの関連キーワード卵菌類

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android