コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵胞子 らんほうしoospore

2件 の用語解説(卵胞子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵胞子
らんほうし
oospore

藻類や藻菌類において生卵器の中に生じた卵子が,受精して,またはまれに単為生殖をして生じた胞子をいう。通常,被膜した形で若干の養分をたくわえ,ある期間休眠ののちに発芽して次代の個体となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の卵胞子の言及

【菌類】より

…有性生殖を行うと,この菌糸上に生殖器官が形成され,特殊な構造ができる。鞭毛菌類では接合子zygote,卵胞子oospore,接合菌類では接合胞子zygospore,子囊菌類では子囊果ascocarp,担子菌類では担子器果basidiocarpがそうである。これらの器官の形質をもとに次の分類体系ができている。…

※「卵胞子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone