コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なす(読み)ナス

デジタル大辞泉の解説

なす

[接尾]
名詞に付いて、…のような、という意の連体修飾語として用いられる。「山なす大波」
名詞または動詞の連体形の下に付いて、…のように、…のような、などの意を表す。
「くらげ―ただよへる時」〈・上〉
[補説]現代語では1の用法だけであるが、古くは2のように、連用修飾語連体修飾語のいずれにも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なす

( 接尾 )
名詞に付いて、…のような、…に似ているの意を表し、連体修飾語として用いられる。 「緑-黒髪」 「山-仕事」
〔上代語〕 体言、ときには動詞の連体形に付いて、…のように、…のような、の意を表す。 「またま-二つの石を/万葉集 813」 「国わかく、浮きし脂の如くして、くらげ-ただよへる時/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なすの関連情報