コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランジバック フランジバック flange back

2件 の用語解説(フランジバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フランジ‐バック(flange back)

レンズ交換式カメラの、レンズの取り付け面からフィルム面(デジタルカメラの場合はイメージセンサー)までの距離。フランジ焦点距離フランジバックフォーカス。→メカニカルバック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

フランジバック

 フランジとはレンズ交換式カメラレンズ取り付け面のこと。そのフランジから焦点面(フィルム面)までの長さをフランジバックと言う。フランジバックはそれぞれマウントによって決まっていて、これがズレているとピントが合わない。なお、フランジバックが一番短い一眼レフコニカ(現コニカミノルタ)の製品で、42mmしかなかった。このため、アダプターを使って、他社の各種のレンズを装着することができた。現在ではキヤノンEFマウントが一番短く、アダプターで他社のレンズを装着できる。なお、フランジバックはバックフォーカス(レンズの後玉から焦点面までの距離)と混同されやすいので、注意が必要だ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

フランジバックの関連キーワード単焦点レンズFour Thirds System望遠レンズ集光レンズレンジファインダーカメラテレビカメラバヨネットマウントマイクロフォーサーズマスターレンズメカニカルバック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランジバックの関連情報