コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランジバック フランジバックflange back

2件 の用語解説(フランジバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フランジ‐バック(flange back)

レンズ交換式カメラの、レンズの取り付け面からフィルム面(デジタルカメラの場合はイメージセンサー)までの距離。フランジ焦点距離フランジバックフォーカス。→メカニカルバック

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

フランジバック

 フランジとはレンズ交換式カメラレンズ取り付け面のこと。そのフランジから焦点面(フィルム面)までの長さをフランジバックと言う。フランジバックはそれぞれマウントによって決まっていて、これがズレているとピントが合わない。なお、フランジバックが一番短い一眼レフコニカ(現コニカミノルタ)の製品で、42mmしかなかった。このため、アダプターを使って、他社の各種のレンズを装着することができた。現在ではキヤノンEFマウントが一番短く、アダプターで他社のレンズを装着できる。なお、フランジバックはバックフォーカス(レンズの後玉から焦点面までの距離)と混同されやすいので、注意が必要だ。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランジバックの関連情報