コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリネ Phryne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリネ
Phryne

前4世紀のギリシアの有名な遊女 (ヘタイラ) 。フリネ (「ひきがえる」の意) はその顔色からついたあだ名で,本名はムネサレテ。画家アペレスおよび彫刻家プラクシテレスのアフロディテ像のモデルであったといわれている。デルフォイに彼女の黄金像があったらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリネの関連キーワード世界のおもな美術館プレトリウスソブクウェカルー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android