顔色(読み)がんしょく

精選版 日本国語大辞典「顔色」の解説

がん‐しょく【顔色】

〘名〙
の色あい。血色(けっしょく)。かおいろ。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「何况生録未半為鬼枉殺顔色壮年為病横困者乎」 〔陸機‐擬古詩・擬青青河畔草〕
② 心情の変化が現われた顔の様子。かおいろ。かおつき。かおばせ。
※台記‐康治元年(1142)一〇月一五日「余常奉之、其顔色慥令覚給」
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論「以の外の顔色(ガンショク)にて、『扨々苦々敷(にがにがしき)事を承(うけたまは)る物かな』」 〔論語‐泰伯〕
③ 色彩。色。唐代の俗語。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)六・採行「莫豉涴顔色、政好蔗糖澆微霜

かお‐いろ かほ‥【顔色】

〘名〙
① 顔の色あい。血色。
※栄花(1028‐92頃)様々のよろこび「御かほいろ悪しう、毛深く、事のほかにみにくくおはするに」
② 感情の動きの表われた顔の様子。かおつき。かおばせ。
※応永本論語抄(1420)為政「心に深く親をいとふしく思へば、必ず子の顔色もやわらぐ也」
※歌舞伎・時桔梗出世請状(1808)大詰其方(そち)までが取り持つ顔色」

かお‐ね かほ‥【顔色】

〘名〙 顔の色つや。顔の様子。表情。かおいろ。がんしょく。〔和英語林集成(再版)(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「顔色」の解説

かお‐いろ〔かほ‐〕【顔色】

顔の表面の色。血色。「顔色が悪い」
感情の動きの表れた顔のようす。顔つき。機嫌。「上役顔色をうかがう」「顔色を見る」
[類語]顔色機嫌表情

がん‐しょく【顔色】

かおいろ。また、感情の動きの現れた顔のようす。「顔色を失う」
[類語]顔色機嫌表情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android