彼女(読み)カノジョ

デジタル大辞泉の解説

か‐の‐じょ〔‐ヂヨ〕【彼女】

[代]三人称の人代名詞。話し手、相手以外の女性をさす語。「彼女は遅れるらしい」⇔彼氏
[名]愛人、恋人である女性。「彼女ができた」⇔彼氏
[補説]西欧語からの訳語「かのおんな」の「おんな」を音読した語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かのじょ【彼女】

( 代 )
〔西欧語の三人称単数の女性をさす代名詞(英語の she など)の翻訳語「彼女かのおんな・あのおんな」から生まれた語〕 三人称。話し手、聞き手以外の女性をさし示す語。 ⇔ 〔見知らぬ女性に対する卑俗な呼称として用いられることもある。「ねえ-、ハンカチ落としたよ」〕
( 名 )
から転じた語〕 (男性からみて)愛人・恋人である女性。 ⇔ 彼氏 「 -ができる」 〔この語はもとは「かのおんな」と読まれた。「かのじょ」と読む早い例は「改正画引小学読本」(1876年)にある。代名詞としての意識を持つのは明治20年前後になる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐の‐じょ ‥ヂョ【彼女】

[1] 〘代名〙
① 他称。
(イ) 話し手、相手以外の女性をさし示す語。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「俗にいふお転婆なれども、彼女(カノジョ)は活溌だ、などといって、書生連によろこばるる小娘なり」
(ロ) (外国語の女性名詞の影響で) 船などを女性に見たてていう。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉九「彼女はおとなしく、静に進んだ。〈略〉船は大うねりに乗って、心持よく泳いで行く」
② 対称。俗に、男性が相手の若い女性をさして呼ぶ語。
[2] 〘名〙 ((一)から転じて) 恋人である相手の女性。〔ウルトラモダン辞典(1931)〕
[語誌](1)日本では古くから三人称は「かれ」で、男女両性を指していたが、西欧語に接して、男女の区別が必要となり、西欧語の三人称女性代名詞の訳語として生まれた。
(2)明治九年(一八七六)の「改正画引小学読本」に「彼女 カノジョ ムカウニヰルムスメ」とあるが、「じょ(女)」が独立して使われている時期なので、まだ一語とは認めにくく、「カノ+オンナ」と同じ意識で、ただし新しさを込めようとして「カノ+ジョ」と表現したものと思われる。一語の代名詞としての「かのじょ」が、広く一般に普及したのは大正以降である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

彼女の関連情報