コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルウールト フルウールトVerwoerd, Hendrik Frensch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルウールト
Verwoerd, Hendrik Frensch

[生]1901.9.8. アムステルダム
[没]1966.9.6. ケープタウン
南アフリカ共和国の政治家。生後まもなく南アフリカに移住。ステレンブーシュ大学で勉学ののちドイツへ留学,1927~37年ステレンブーシュ大学心理学および社会学教授。 37年国民党日刊機関紙"Die Transvaaler"の編集長,第2次世界大戦中はナチス路線を支持。 48年上院議員,50年先住民問題相となり,アパルトヘイト (人種隔離) の立法化を推進。 J.ストレイダム首相の死後,国民党党首となり,58年9月首相に就任し,アパルトヘイト政策を続けた。 61年5月 31日発足した共和国の初代首相,66年9月6日下院議場でギリシア生れの白人守衛 D.ツァフェンダスに刺殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルウールト
ふるうーると
Hendrik Frensch Verwoerd
(1901―1966)

アフリカ共和国の政治家。オランダのアムステルダムに生まれる。2年後宣教師の父に伴われてケープ・タウンに移住。ステレンボッシュ大学卒業後、ドイツに留学。1927年帰国し母校の教授となる(1927~1937)。その間、国民党および秘密結社ブルーダーボンドに入党。1937年アフリカーンス語新聞『ディ・トランスファーラー』紙の編集局長を務め、1948年上院議員に指命され、1950~1958年先住民問題相となり、さまざまな人種差別政策を施行した。1958年首相に就任後、1959年黒人に対し従来の隔離政策から分離発展政策への方向を打ち出し、1960年3月のシャープビル事件(反アパルトヘイト集会に対する白人警官隊の無差別発砲事件)を契機に黒人民族組織アフリカ民族会議ANC)とパン・アフリカニスト会議(PAC)を非合法化した。その人種差別政策のために南アフリカ連邦は1961年3月イギリス連邦を離脱し、同年5月に共和国に移行したが、引き続き首相にとどまった。1966年9月6日、議会内で白人守衛に暗殺された。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フルウールトの関連キーワード[各個指定]芸能部門シカゴ・ホワイトソックスウィンザー家正岡子規オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックス

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルウールトの関連情報