フレームレート(読み)ふれーむれーと

デジタル大辞泉 「フレームレート」の意味・読み・例文・類語

フレーム‐レート(frame rate)

コンピューターグラフィックス動画において、1秒間に何回画面を書き換えるかを表した数値。大きい値ほど、画面表示が滑らかになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 「フレームレート」の解説

フレームレート

映画テレビビデオなどの動画における画面表示速度のこと。動画の1秒間当たりに表示されるフレーム数で表す。単位は、fps(frame per second)。通常、映画の場合は24fps、テレビやビデオの場合は30fps。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典 「フレームレート」の解説

フレームレート

 デジタルカメラの動画機能で、再生時のなめらかさを表す指標とされている。1秒間に何コマの画像を表示するかがそれで、「fps」であらわす。テレビ画面の走査線の関係上、15fpsか30fpsのデジタルカメラが多い。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本 「フレームレート」の解説

フレームレート

映像を、1秒間に何コマ(フレーム)表示できるかという表示速度のことです。数値が高いほど映像は滑らかになり、低いほどぎくしゃくします。普通のテレビ放送は、毎秒約30コマです。
⇨ビットレート

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android