コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブクサル Buxar

世界大百科事典 第2版の解説

ブクサル【Buxar】

インド北部,ビハール州北西端,ガンガー(ガンジス)川南岸の町。1764年マンローHector Munroの率いるイギリス東インド会社軍が,ここでベンガル太守ミール・カーシムとアウド太守,ムガル皇帝の連合軍を破り,イギリスのベンガルひいてはインド支配を確立した。また南西12kmのチャウサChausaは,1539年にビハールの支配者シェール・シャーがムガル皇帝フマーユーンの軍勢を破り,西方に敗走させた古戦場である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android