古戦場(読み)こせんじょう

精選版 日本国語大辞典「古戦場」の解説

こ‐せんじょう ‥センヂャウ【古戦場】

〘名〙 昔そこで戦争のあった場所。
※杜詩続翠抄(1439頃)三「凡古戦場血化為鬼火」
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「若古戦場の名残をとどめて」 〔李華‐弔古戦場文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「古戦場」の解説

古戦場
こせんじょう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
嘉永1.8(名古屋・橘町芝居)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android