コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラック・コットン・ソイル ブラックコットンソイルblack cotton soil

岩石学辞典の解説

ブラック・コットン・ソイル

熱帯あるいは亜熱帯気候の草原またはサヴァンナ草原の黒い粘土質土壌.黒色が特徴で,土壌は一般に塩基性岩または超塩基性岩の地域に形成される.この土壌は黒色にもかかわらず有機性成分の量が少なく,モンモリロナイトのような膨張粘土鉱物が多く含まれ,アルカリ反応性が高い.石灰質団塊がしばしば存在する.溶脱層も集積層も存在しない.様々な地方名があり,インドではregur,モロッコではtirs,スーダンではbadob,ケニヤではvlei,インドネシアではblack morgaritic soilと呼ばれている.近年の分類ではブラック・コットン・ソイルはgrumosolとして知られている[Gerasimov & Glazovzkaya : 1965, Ollier : 1969, Eyre : 1970].この黒色の土壌は綿花の作付に適しているのでこの名がある.バーチソル(vertisols)[Ollier : 1969].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ブラック・コットン・ソイルの関連キーワードバーティソル黒色綿花土グラモソルティルス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android