コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリジェンド Bridgend

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリジェンド
Bridgend

イギリスウェールズ南部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地ブリジェンド。ウェールズ語では Pen-y-Bont ar Ogwr。旧グラモーガン県に属する。1974年の自治体再編でミッドグラモーガン県の一部となり,1996年に単一自治体となった。北部に鉱業地帯として知られるオグモア,ガルウ,リンフィなどの谷があり,南部に農耕地帯と長い海岸線が広がる。歴史は古く,青銅器時代および鉄器時代の遺物がメルシルマウルの近くで発見されている。ノルマン時代の城跡も数多く残り,なかでも 1116年に築かれたオグモア城はウェールズで最も古い建造物の一つ。北部ではかつて鉱業が主産業であったが,20世紀末までに衰退。近年は衣料,化粧品,エンジニアリングなどの新しい産業が発展している。南部では農業が盛ん。ブリジェンドには工業地区や商業地区,ショッピングセンターなどがある。ポースコールはウェールズ南部を代表する海岸リゾート。面積 251km2。人口 13万800(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリジェンドの関連情報