コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュージュの鐘楼 ブリュージュのしょうろう

1件 の用語解説(ブリュージュの鐘楼の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリュージュのしょうろう【ブリュージュの鐘楼】

ベルギー北西部、ウェストフランデレン州の州都ブリュージュシンボルとなっている鐘楼(ベルフォルト)。ブリュージュ駅から約2km、市街中心部のマルクト広場(Grote Markt)にある。カリヨンの発祥地のベルギーを代表する鐘楼の一つである。高さ88mの3層の鐘楼で、366段の螺旋(らせん)階段を上ったところに、総重量27tの47の鐘で構成される、4オクターブの音色を奏でるカリヨンが設置されている。この鐘楼の下層部は13世紀、中層部は14世紀、上層部は15世紀に建設された。カリヨンや自動演奏装置を見ることができるほか、15分おきに演奏されるカリヨンの演奏を聴くことができる。鐘楼の上は展望室になっていて、ブリュージュの町並みを一望できるほか、晴れた日には、遠く北海やフランドル地方の森などを見渡すことができる。世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュージュの鐘楼の関連キーワードベルギーウエストファリアグラスレイコーレンマルクトコーレンレイジンメルの塔ネアンデルタールノルトラインウェストファーレンブルッヘフロイデンベルク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone