コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルボン王朝 ブルボンオウチョウ

デジタル大辞泉の解説

ブルボン‐おうちょう〔‐ワウテウ〕【ブルボン王朝】

Bourbon
フランスの王朝名。バロア朝断絶後の1589年にアンリ4世フランス国王となって始まり、ルイ14世時代に絶対王政の絶頂期を迎えた。フランス革命ルイ16世が処刑されて一時中断、1814年のルイ18世王政復古で復活したが、1830年の七月革命王統は絶えた。
スペインの王朝名。1700年、ルイ14世の孫フェリペ5世即位に始まり、1931年の共和制成立で中断したが、1975年に復活。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブルボン王朝の関連キーワードボナール(Louis Gabriel Ambroise Bonald)デ・サンクティス(Francesco De Sanctis)マルグリット・ド・ナバールヴェルサイユの宮殿と庭園コスタニエビツァ修道院デュポン・ド・ヌムールバンビテッリの水道橋ポールロワイヤルインテンデンシアポー(フランス)ベルサイユ楽派ベルサイユ宮殿Bourbonコルドンブルールイ(18世)サンレウチョカゼルタ宮殿カラカス会社コンスラードフラゴナール

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルボン王朝の関連情報