ブルーモンキー(英語表記)blue monkey

世界大百科事典 第2版の解説

ブルーモンキー【blue monkey】

霊長目オナガザル科の旧世界ザル(イラスト)。いくつかの亜種があり,それぞれサイクスモンキー,ゴールデンモンキー,ディアデムグエノンなどと呼ばれている。頭胴長は50~60cmで,丸々とした体つきをしており,この属の中では大型のサルである。亜種の一つサイクスモンキーC.m.albogularisは,のどの部分がきわだって白く東アフリカに分布する。もう一つの亜種,狭義のブルーモンキーC.m.mitisは,中央アフリカから西アフリカに分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android