コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種間雑種 しゅかんざっしゅ

大辞林 第三版の解説

しゅかんざっしゅ【種間雑種】

同属異種間の交雑によって生じた子孫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の種間雑種の言及

【雑種】より

…ラバは生活力が旺盛で病気にも強く粗食にも耐え,古くから労役に使われてきて雑種強勢を示すが,完全不妊のためラバから子孫をうることはできない。 異なる種や属の間の雑種を種間雑種,属間雑種というが,種や属の間では遺伝子構成のみでなくゲノム構成を異にする場合が多い。このためこれらの雑種(たとえば上記のラバ)ではしばしば完全不稔になることが多い。…

※「種間雑種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

種間雑種の関連キーワードカンゾウ(萱草)アルストロメリアプロトプラストミュール精紡機スタンホペアヤナギ(柳)チューリップグロリオサライラックシモクレンペチュニアキャベツ童貞生殖タイゴン属間雑種レオポンライガー水産増殖栽培植物ノリアサ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android