コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーラグーン Blue Lagoon

デジタル大辞泉の解説

ブルー‐ラグーン(Blue Lagoon)

アイスランドの首都レイキャビクの南西約40キロメートルにある温泉施設。アイスランド語名ブラーロニズ。隣接する地熱発電所熱水を利用した世界最大級の露天温泉がある。同国屈指の観光名所として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルーラグーン【ブルーラグーン】
Blue Lagoon

アイスランドの首都レイキャビク(Reykjavík)の南西約40km、レイキャネース半島にある温泉リゾート。同市街からは車で40分、ケプラヴィーク国際空港から同15分の距離にある(レイキャビクと空港の間の幹線道路沿いにある)。ここには天然の温泉ではなく、スバルトセンギ地熱発電所が地下2000mから発電のために汲みあげた熱水を二次利用した、世界最大級の露天風呂(面積5000m2)がある。ミネラル塩やケイ素、藻などを含んだ白濁した熱水を海水で薄めたもので、コンピュータ制御により37~39℃の水温に維持されていて、皮膚病治癒の効能がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ブルーラグーンの関連キーワードミラ ジョヴォヴィッチアイスランドコミノット島コミノ島

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーラグーンの関連情報