コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水 ネッスイ

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐すい【熱水】

高温の水。熱湯。
熱水溶液」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねっすい【熱水】

ぐらぐら煮立った水。熱湯。
地殻中に存在する高温の水または水溶液。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の熱水の言及

【鉱化流体】より

…従来は固結するマグマから放出される水を主とする流体がこの働きをすると考えられてきたが,近年は酸素や水素の同位体の研究から,地下浅所を移動する地表水や,堆積岩の固化に伴って放出される水,変成作用の際に鉱物間の脱水反応によって放出される水など,さまざまな起源の水やその混合物が鉱化流体となることが分かってきた。鉱化流体の組成は,鉱床を構成している鉱物中の流体包有物の研究や,現在海嶺付近で多量の金属硫化物を沈殿している熱水活動からの情報などの直接的手段,それに現在の地熱水,温泉水などからの類推,また鉱物の溶解度の研究などの間接的手段により求められている。二酸化炭素やハロゲンガスに富む特殊な場合を除くと,鉱化流体は水を主とし,ナトリウム,カリウム,カルシウムなどの陽イオン,塩素,炭酸,硫酸などの陰イオンを含んでいる。…

【熱水鉱床】より

…熱水と総称される地殻内の高温水溶液により形成される鉱床。地殻内にはさまざまな起源をもつ高温水溶液が存在し(鉱化流体),熱水作用とよばれるさまざまな地質現象を起こす。…

【熱水変質作用】より

…地殻内の高温水溶液(熱水)との反応により,既存の岩石中の鉱物共生や組織が変化する作用。地殻内にはさまざまな起源をもつ熱水(鉱化流体)があり,移動,滞留,循環などを起こしている。…

※「熱水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱水の関連キーワードシュードカタクラスティック組織ニューマトハイドロサーマル相ハイダトサーマル変成作用クリプトマグマテイックテレマグマティック過程ダイズタンパク質飲料エンドブラステシス貫入性ペグマタイトブラックスモーカーレプトサーマル帯ハイダトサーマルクロリトライトキャップロック建設的変成作用熱水変成作用ハイドロ珪岩水化変成作用高温岩体発電海底熱水鉱床湯けむり発電

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱水の関連情報