ブルー・デージー(読み)ブルーデージー

百科事典マイペディアの解説

ブルー・デージー

ルリヒナギクとも。南アフリカ原産のキク科の常緑小低木だが,園芸的には多年草として扱う。草たけ30〜50cmで,ほとんど無柄の葉を対生,長い柄の先に舌状花が青紫色の径2cmほどの頭花を1個つける。斑入り葉品種もあり,切花,鉢植向き,温室内で冬〜春咲く。さし木でふやす。同属別種のキングフィッシャーデージー一年草で,高さ15〜20cmになり,春,径約2.5cmの頭花を開く。鮮青色の舌状花は,晴天にはのびて開くが,曇天では外側に巻く。秋,小鉢にまき,フレームで越冬させ,春,植する。花壇に向く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android