ブルー・デージー(読み)ブルーデージー

百科事典マイペディアの解説

ブルー・デージー

ルリヒナギクとも。南アフリカ原産のキク科の常緑小低木だが,園芸的には多年草として扱う。草たけ30〜50cmで,ほとんど無柄の葉を対生,長い柄の先に舌状花が青紫色の径2cmほどの頭花を1個つける。斑入り葉品種もあり,切花,鉢植に向き,温室内で冬〜春咲く。さし木でふやす。同属別種のキングフィッシャーデージー一年草で,高さ15〜20cmになり,春,径約2.5cmの頭花を開く。鮮青色の舌状花は,晴天にはのびて開くが,曇天では外側に巻く。秋,小鉢にまき,フレームで越冬させ,春,定植する。花壇に向く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android