コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシコー Aristide Boucicaut

1件 の用語解説(ブーシコーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブーシコー【Aristide Boucicaut】

1810‐77
フランスの実業家。19世紀,パリで最初の百貨店ボン・マルシェBon Marchéの経営に成功した。1830年前後からパリには服地織物を大量に販売するマガザン・ド・ヌーボーテmagazin de nouveautéと呼ばれる商店が発生したが,彼はこうした店の一つで大量販売の方法を身につけた。52年にまだ店員12名にすぎなかったボン・マルシェの所有者となり,第二帝政下の経済繁栄の波にのって百貨店商法を発展させ,69年には鉄とガラスを大量に使用した店舗を建設して大百貨店をつくりあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブーシコーの言及

【ボン・マルシェ[会社]】より

…本店パリ。1852年,ブーシコーAristide Boucicaut(1810‐77)によってパリに設立され,世界の商業史における近代的百貨店の始祖といわれている。その新しさは,(1)だれでも店に出入りできるようにしたこと,(2)商品に定価をつけ,だれにでも同一価格で売ったこと,(3)商品を大量陳列し,お客が手に取って見られるようにしたこと,(4)商品の返品ができるようにしたこと,(5)商品の価格を低く抑え,商品の回転率を高くしたこと,などの点である。…

※「ブーシコー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブーシコーの関連キーワードタラスコンフランス組曲フランス領ギアナモンゴルフィエ兄弟ザールラントフランスソワールマンデスフランスワリスフテュナ諸島フランボイダルクーレ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone