ブーンディ(英語表記)Būndi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーンディ
Būndi

インド北西部,ラージャスターン州南東部の町。ブーンディ県の行政庁所在地。アジメール南東約 140kmに位置。 1342年にラオ・デーワが周辺の丘陵地を占領し,以後ラージプートのブーンディ藩王国の首都となった。当時の宮殿は独特のブーンディ様式のフレスコ画で知られる。近代に入ってからは鉄道交通から取残され,農業が主の地方の小商業中心地にとどまる。たばこが製造され,ラージャスターン大学のカレッジがある。人口6万 5016 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android