プテリクティス(英語表記)Pterichthys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プテリクティス
Pterichthys

板皮綱胴甲目の化石属。絶滅した甲胃魚の胴甲類のうちで最も古い,甲板に包まれた魚類の一種で,スコットランドデボン紀中期の地層に産する。体の後半は普通の魚のような形で不等尾と一つの背鰭(せびれ)があり,鱗に覆われているが,体の前半は甲板に覆われ,前方に甲殻動物の脚のように甲板をかぶった一対の器官がある。このことと発達の弱い顎とから,底生でやわらかい食餌をとっていたものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android