コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルゼン Plzeň

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルゼン
Plzeň

ドイツ語ではピルゼン Pilsen。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の中心都市。プラハの南西約 90kmに位置する。プラハとババリア (バイエルン) 地方を結ぶ通商路上の要地として発達,13世紀末に都市権を得た。 15世紀のフス戦争ではカトリック勢力の拠点となり,その後ハプスブルク家に属した。機械工業が盛んで,シュコダ・プルゼン工場 (1859) は機関車,鉱山設備,発電設備,航空機,自動車,重工作機械などを生産する機械コンビナートとなっており,その他,電機,工作機械,印刷などの工業がある。 1295年に始るピルゼンビールは世界的に有名。近郊では陶土黒灰を採掘。高さ 105mの塔をもつゴシック様式の聖バルトロメオ聖堂,1556年建設のルネサンス様式の市庁舎などがある。人口 17万 3129 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プルゼンの関連キーワードプラハ大学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android