コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロアントシアニジン

栄養・生化学辞典の解説

プロアントシアニジン

 植物に広く含まれ,塩酸で加水分解するとアントシアニジンを生成する物質.生成するアントシアニジンの種類により,プロシアニジン,プロデルフィニジンといったよびかたをする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のプロアントシアニジンの言及

【タンニン】より

…加水分解型以外のタンニンは従来縮合型タンニンとよばれてきたが,近年,この定義が適切ではないことがわかり,さらに二つの型にわけられている。その一つは,プロアントシアニジンとよばれ,酸でアントシアニジン系色素(花の色素など)をつくるものである。スギ,ヒノキなど針葉樹の樹皮に存在する。…

※「プロアントシアニジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロアントシアニジンの関連キーワードベリー類クランベリー・ブルーベリー尿路結石

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android