コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩酸 えんさん hydrochloric acid

7件 の用語解説(塩酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩酸
えんさん
hydrochloric acid

塩化水素水溶液。濃塩酸は空気中で発煙する。純粋なものは無色。微量の鉄,塩素,有機物を含むときは黄色みを帯びる。市販の濃塩酸は 37.2重量%の塩化水素を含み,比重は 1.19。 20.22重量%の塩酸の1気圧下における沸点は 108.6℃である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐さん【塩酸】

塩化水素水溶液。強い刺激臭があり、純粋のものは無色。ふつう濃度35パーセント以上を濃塩酸といい、湿った空気中で発煙する。金・銀・白金族以外の金属と反応して水素を発生する。工業的にきわめて用途が広い。胃酸の主成分化学式HCl

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩酸【えんさん】

塩化水素HClの水溶液。塩化水素酸とも。濃塩酸は湿った空気中で発煙する刺激臭のある無色の溶液。一塩基強酸。化学工業の重要な原料で工業用塩酸は不純物(塩化鉄など)を含むため黄色。
→関連項目ハステロイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

塩酸

 塩化水素(HCl)の水溶液.発煙性で,刺激臭がある.多くの金属を溶かして水素を発生する.胃腺から胃に分泌される酸は塩酸.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんさん【塩酸 hydrochloric acid】

塩化水素HClの水溶液で,塩化水素酸ともいう。脊椎動物の胃から分泌される胃液の主成分で,胃酸と呼ばれ,消化酵素ペプシンの活性化を果たしている。
[性質]
 市販の濃塩酸は37.2%の塩化水素を含み(約12規定,比重1.190),湿った空気中で発煙する。非常に刺激性の強い無色の液体であるが,工業用塩酸は塩素や塩化鉄(III)を含むため黄色を呈する。20.222%の塩酸は沸点108.584℃の共沸混合物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんさん【塩酸】

塩化水素の水溶液。化学式 HCl 強い一価の酸で,多くの金属を溶かして塩化物を生成し,金属の酸化物・水酸化物・炭酸塩などをも容易に溶かす。化学工業で広く用いられる。また,高等動物の胃で胃酸として分泌され,食物の消化を助ける。塩化水素酸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩酸
えんさん
hydrochloric acid

塩化水素HClの水溶液で、塩化水素酸、鹹水(かんすい)酸ともいう。脊髄(せきずい)動物の胃から分泌される胃酸の主要成分となっている。塩化水素を水に吸収させて製造する。工業的には、食塩水の電解に際して生成する塩素と水素とを直接反応させ、生じた塩化水素を水に吸収させてつくるのが普通で、これを合成塩酸という(合成塩酸の製造装置についてはを参照)。試薬として用いられるものは、ほとんどが合成塩酸である。また現在では、有機合成化学工業で各種有機化合物の塩素化に際して塩化水素を副生するので、これを吸収させてつくる。これを副生塩酸といい、不純物のため着色していることが多い。
 普通、濃度35%以上のものを濃塩酸という。JIS(ジス)(日本工業規格)では、37%以上を1号、36~37%を2号、35~36%を3号とよんでいる。容器は27~30キログラム入り籐(とう)巻き瓶または土瓶で、タンク車なども用いられる。無色、刺激臭のある溶液で、濃塩酸は湿った空気中で発煙する。市販の濃塩酸は、塩化水素を約37%含む。沸点は濃度によって異なり、1気圧では20.2%のとき最高沸点108.58℃を示す。20.2%の塩酸は、混合物でありながら純物質のように一定の沸点をもつ共沸混合物で、108.58℃は共沸点である。塩酸の比重は、濃度が増すとともに大きくなり、濃度c(%)と比重dとの間には、およそc=200(d-1)の関係がある。通常の濃塩酸を等量の水で希釈した塩酸(約6mol/L)およびそれに近い濃度のものを単に塩酸といい、これをさらに希釈したものを希塩酸ということが多い。1モル溶液は79.0%(18℃)、0.1モル溶液は92.6%(18℃)電離する強酸である。工業用の塩酸は、微量の鉄塩を溶かしているなどのため、黄色に着色していることが多い。化学的には、非金属元素とはあまり反応しないが、金、銀、白金族以外の金属と反応して水素を発生する。銅、鉄、ニッケル、コバルトなどは、加熱すれば反応する。金属酸化物と反応して塩化物をつくる。二クロム酸塩や過マンガン酸塩などの酸化剤により酸化されて、塩素を発生する。濃塩酸に硫酸を滴加すると塩化水素を発生するが、この反応は、実験室で純粋な塩化水素をつくるのに適している。実験室において試薬として使われるほか、工業的には製鉄工業用、各種塩化物や色素の製造に用いられる。また、医薬品や調味料(アミノ酸しょうゆ、グルタミン酸ナトリウム)の製造(日本ではこの消費量がもっとも多い)、デンプンの糖化など、きわめて広い用途をもつ。濃塩酸は劇薬であるから、取扱いに注意を要する。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩酸の言及

【胃液】より

…胃腺は幽門前庭部にある幽門腺,胃体部・胃穹窿(きゆうりゆう)部にある体部腺(胃底腺ともいう),噴門の近傍にある噴門腺の三つに分けられる。胃液は体部腺から分泌されるものが主体であり,体部腺の腺細胞には塩酸を分泌する壁細胞,ペプシノーゲンを分泌する主細胞,粘液を分泌する副細胞がある。幽門腺と噴門腺からは粘液が分泌される。…

※「塩酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩酸の関連キーワードシアン化水素酸ハロゲン化水素過酸化水素水弗化水素沃化水素水素酸塩素化炭化水素フッ化水素酸(弗化水素酸)塩化水素酸白金塩化水素酸

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩酸の関連情報