プワウィ(英語表記)Puławy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プワウィ
Puławy

ポーランド東部,ルベルスキェ県の都市。ワルシャワ南南東約 120kmのウィスワ川沿いに位置する。 17世紀末にポーランドの貴族で大富農のルボミルスキがこの地に築城。その後スウェーデン人により城を焼かれ衰退したが,1731年チャルトリスキ家の手に移ってから再び発展。第2次世界大戦中はドイツ軍に対する抵抗運動の中心地となり多数の住民が殺された。 1960年代にポーランド最大の窒素コンビナートが建設され,化学工業を中心として急速な発展を遂げた。人口5万 2900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android