プーコック諸島(読み)ぷーこっくしょとう(英語表記)Dao Phuquoc

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーコック諸島
ぷーこっくしょとう
Dao Phuquoc

ベトナム南西部、タイランド湾にある島。主島プーコックと属島のアントイ諸島からなり、カンボジア南岸に位置する。プーコックは漢字で「富国」と記す。島頂は北東部の標高603メートル。南西側のドゥオン・ドンが中心地で、無電局や地方空港も置かれる。ベトナム南西端のハティエン港との間に定期船があるが、南西モンスーン期には途絶することがある。島は森林に覆われ、漁業が盛んで、魚を原料とするニョク・マムがつくられている。住民はベトナム人が多数を占める。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android